墓地・霊園選びのポイント

● 永代供養をお願いする墓地や霊園には「寺院」「公営」「民営」があります。

● 民間は、墓石業者を指定されたり、場所は良くても霊園の規模が小さく、地方に移りつつあり、まれに経営破綻などがあるようです。

● 公営は人気が高く抽選だったり、場所が良いと確保するには難しい状態です。

● 寺院の墓地は宗派の檀家又は信徒になり、ご住職がお盆、お彼岸、お命日にご供養をしていただけます。檀家に比べて信徒や檀徒の場合は、浄財の寄進、お布施等ご負担が少なくなります。

● 寺院の墓地には無宗派の単立の処もあります。また宗派の寺院はそれぞれ総本山があり、各寺院の経営をサポートされてますので、万一経営破綻などの際は、ご住職が替わるだけで寺院や墓地自体は何も替わりません。

● お墓参りに無理なく行ける場所を選ぶ必要があります。交通の便が良い所が理想です。

● 墓地の環境は東南の斜面で日当たり、風通し、水はけの良い所が良いでしょう。

● 民営墓地の場合、名義は宗教法人ですが、実際の運営は民間企業になります。しっかりした事業体を選ぶ事、また霊園の指定の墓石の業者から石を購入する事が義務になります。

● 墓地は駐車場の有無や、宗派の僧侶のご紹介をしてもらえることも大事です。また依頼しなければ僧侶がお盆、お彼岸、お命日にご供養されることはありません。

● 墓地の販売とは永代に渡り使用をする権利を買う事で、ご不要になってもご売却はできません。

● 公営、民営、寺院いずれも3年以上の期間、年間管理費等を滞納された場合、墓地の永代使用の権利は無くなり、お骨は供養塔などに合葬になります。

寺院の墓地を中心に、墓地探しのお手伝いをしています。
お望み地域の墓地を予算内でお探してます。お気軽にご相談ください。

    

 

 
  

お墓の引越し
(お墓の改葬といいます)

@ 改葬するお墓のあるお寺や墓地に改葬の理由を伝えます。

A 新しい墓地に挨拶に伺い、改葬の許可と墓地の取得 をお願いします。

B 受入証明書と収蔵埋葬証明書を受け取ります。

C 墓石の建立工事を発注します。工事が完成を待ちま す。

D 開眼法要の日時をお寺と相談します。

E 前のお墓の改葬手続きを済ませます。

F 役所で改葬許可申請書をもらいます。

G 菩提寺でご住職の署名・捺印をいただいた後、役場に提出します。

H 前のお寺のご住職に御霊抜きの法要をお願いし、前のお墓を無縁仏にしていただきます。

I 先祖の骨と墓の土はまとめて施主が運び、新しい墓地に埋葬します。

J 新しい墓地の開眼法要を住職にお願いします。新しいお墓にお霊を入れて改葬を終了します。

      

     

墓地の後継者の問題等でお悩みの方
各地域の寺院をご紹介致します。

豊かな自然に囲まれた寺院で永代に渡り
ご住職に供養をしていただく納骨堂になります
個別式や合葬式もご対応されています


ご葬儀や戒名等も親切にご対応されてます

実蔵院 納骨堂

大念寺 納骨堂

個別 納骨墓

個別納骨墓

※寺院でも個別の納骨堂で一定の期間
(10年更新型〜33年)供養していただけます
期間が過ぎたら合葬式の埋葬になります