「仏像」とは仏の教え…仏教をお伝えしています

  
 お寺や街角でよく目にする「仏像」、「お地蔵様」、「観音様」には、いったい誰が何の目的で? 今さら人に聞けないような素朴な疑問ですが、仏像を見た時に受ける感動や内容は、その人の意識や、その時の感情により多少の違いがあります。

 その仏像の大きさで20mをこえる仏像は、大仏と呼んでいます。見た人の心は、「偉大で包み込まれるような安心感」が得られます。 それでは手の平に載るサイズの仏像からは、「宝石を手にするような尊さ」を感じます。その受ける印象はいずれの場合も、仏像製作者や製作を依頼した作り手側の方が、仏像を通して私達に伝えたい心の一部なのです。   各宗派によりご本尊や、死後の世界の考え方など、異なる部分は多々ありますが、こちらのページでは一般的に仏像が伝えたい仏の教えの意味を簡単ですがご案内致します。

 

 

 座っている像や、立っている像、指を手話の様に合図している像、手に何か持っている像、怒っている像などにもそれぞれ伝えたい意味や目的があります。作り手側の趣旨は? 何を私達にお伝えしたいのか言葉や文字ではなく、仏像のお体の姿勢と持ち物と指の形で判断します。

仏像の右半身の手や足は「清浄の仏の意味」で、「左の手・足は不浄の自分」になります。

座禅を組んで、瞑想して、座っている像は
結跏趺坐(けっかふざ)と言いその意味は?
姿勢
左足が下、右足が
上の座禅は降魔坐
右足が下、左足が
上の座禅は吉祥坐

108の煩悩を仏の心で抑え冷静に考え、行動するように伝えています「降魔」とは自分の魔を抑える意味があります
煩悩を捨て、気楽な心境になり、「自利」を「利他」にする事を実践するよう伝えています
「吉祥」とは迷っている人に救いの手を差し伸べる事

座禅の形で片足だけ緩めた姿勢は
半跏趺坐(はんかふざ)と言いその意味は?
見方
足をほどいて今すぐ立ち上がろうとしている
行儀悪い様な足をくずした座り方
仏像の気持ち
人間から頼まれる願い事をすぐに叶えて
あげられるのに、仏像が待っている状態
意味合い
この仏像は「行動を起こしてみよ」と
教えてくれています

立っている像を立像(りゅうぞう)と言い
「直立」(気をつけの姿勢)と片足がずれた
姿勢と踏み出しの姿勢の「偏立」があります。
姿勢
直立(ちょくりつ)
気を付けの姿勢 
偏立(片足ズレ)
休めの姿勢
偏立(踏み出し)
歩き出す姿勢
意味
助けに行こうと立ち上がり、行動を起こす様に伝えています
行動を起こす前に再度考える様に伝えています
行動や決断の必要を伝えています


 

「印相」 インゾウ : 指の形と意味合い

指の形
名称と姿勢
意味合い
合掌 ガッショウ
胸の辺りで手を合わせている状態

仏像が合掌しているのは「仏」と「私」が一体になりたい願望などを意味します。

定印 ジョウイン
座禅しながら瞑想して、腹部の前で両手を重ねている
宇宙の形を指で示しています釈尊の博愛の心を意味します

説法印 セッポウイン
両手で説明している
身振り手振りで仏の話を説明する様子
智拳印 チケンイン
左手の人指し指を立て右手で巻いている
大日如来が瞑想から
行動に移る瞬間
施無畏印 セムイイン
仏像の右手の平をこちらに向けている
緊張せずに説法を聞いてみなさいとの意味合い
与願印 ヨガンイン
左の手の平を上向きにしてこちらに向けている
願いを聞き入れて望む物を何でも与える意味合い
降魔印 ゴウマイン
右手で下を指差す
手の甲がこちら向き
仏の教えを妨げる悪魔を退散させる目的
この他に阿弥陀如来が浄土からお迎えに来る時、その人に
ふさわしい9種類の浄土への引導を示す来迎印があります


仏像の持物とは何?

「持物」
ジモツ
形状

意味

「数珠」
ジュズ
108個の玉の輪

108の玉にはそれぞれ仏様の名前がついて、擦り合う事でそれぞれのお力をお借りしたり、数珠で煩悩を消します「払子」ホッス(火の付いたマッチの様な物)も同じ目的で手にします

「蓮華」
レンゲ
蓮の花

蓮華は泥の中でも清らかに咲く事で煩悩に汚れる事なく悟る事の例え
つぼみ(未開蓮)〜半開〜満開

「錫杖」
シャクジョウ
輪の付い杖

修行僧が歩く時にシャンシャン音を立てて、熊や狼を除けたり、食べ物のお布施を受けに来た事を知らせる目的で使うもの

「如意宝珠」
ニョイホウジュ
桃の実

人々の願いが叶い、苦しみを取り除く目的になります

「水瓶」
スイビョウ
細い形の瓶

僧侶が持つ水筒、人々を救う財宝を蓄えている伝説や中の八功徳水を振り掛けると「ケガレ」が消えると言い伝えがあります

「薬壷」
ヤッコ
円形の小瓶

万病を治す薬の入った壷

「払子」
ホッス
火の付いたマッチの様な物

数珠と同じような目的

「宝螺」
ホウラ
巻貝

善い神様を招く目的

「髑髏」
ドクロ
頭蓋骨

鬼神や悪い神を降伏させる目的

「石榴」
ザクロ
果実など

子宝に恵まれるように願う意味

「三叉戟」
柄の長い
先が3つに分かれたヤリ

仏の教えに害する物を排除する目的

「鉞斧」
エップ
小型の斧

仏の教えに害する物を排除する目的

「宝棒」
ホウボウ
棍棒(こんぼう)

仏の教えに害する物を排除する目的

「宝弓」
ホウキュウ
小型の弓

仏の教えに害する物を排除する目的

「宝箭」
ホウセン
小型の矢

仏の教えに害する物を排除する目的

「宝剣」
ホウケン
柄の短い両刃
の長い刀

煩悩を断ち切る意味で持っています

「羂索」
ケンジャク
巻いてある縄

煩悩を縛る意味で持っています

「金剛杵」
コンゴウショ
両端が三本槍
の小型の武器

跋娑羅手(バサラシュ)とも言い、強い煩悩を砕いてしまう意味で持っています

「五鈷鈴」
ゴコレイ
鈴や風鈴の形

三鈷鈴、独鈷鈴、などは仏の教えを喚起、精進を促す意味で持っています

仏像のお体の特徴

語句
ヨミ
形状

意味

螺髪
ラホツ
パンチパーマの様な髪型

頭の部分の巻貝の様な髪型はモデルとなった釈尊が縮毛であった為

千手観音
センジュカンノン
合掌している2本以外に40本の手

一つの手で25の俗世界の人々を救う言い伝えがあり40(本)×25(世界)=1000(本の手)と考えます

蓮台
レンダイ
仏像が載っている台

汚れの無い状態を示す意味で胎児が載っている胎盤が蓮の葉と同じ形をしている為

光背
コウハイ
仏像の背中に付く飾り物

後光がさしている様子を示す

肉髻
ニクケイ
頭部の盛り上がり

人間よりも知恵がある表れを意味する

白毫相
ビャクゴウソウ
顔の眉間の部分にあるボタン

人を助ける際に光を放つ

縵網相
マンモウソウ
手と足の指先にある水かき

水も漏らさず人々に救いの手を差し伸べる目的を示す

12支のお守り本尊は?

生まれ年

守り本尊

子(北)

千手観音菩薩

卯(東)

文殊菩薩

午(南)

勢至菩薩

酉(西)

不動明王

生まれ年

守り本尊

丑・寅(北東)

虚空蔵菩薩

辰・巳(南東)

普賢菩薩

未・申(南西)

大日如来

戌・亥(北西)

阿弥陀如来

ご本尊は生まれた年の年盤の方位による弱い部分を補っていただけます

薬師如来を中心に12の方位を守る守護神・・・十二神将
方位

守護神

子(北)

昆羯羅 ビカラ

丑(北北東)

招杜羅 シャトラ

寅(東北東)

真達羅 シンダラ

卯(東)

魔虎羅 マコラ

辰(東南東)

波夷羅 ハイラ

巳(南南東)

因達羅 インダラ

方位

守護神

午(南)

珊底羅 サンテラ

未(南南西)

額に羅 アンニラ

申(西南西)

安底羅 アンテラ

酉(西)

迷企羅 メキラ

戌(西北西)

伐折羅 バサラ

亥(北北西)

宮昆羅 クビラ

 
仏の教えを少しでも、心の片隅に置いて
生活することで、お気持ちが充実した日々を
送る事ができると思います。