施工の手引き
   

 

床面への施工の手順

下地から石の裏面迄の貼り代が1〜4oはタイルセメント、
5〜10oはエポキシボンド、モルタル貼り、30o以上の場合
バサモルタルで施工します。又、水廻りや外部ではタイルセメント
下地が合板などの場合ボンド貼りで施工します。


300角〜300×600などの規格材の場合

1.石の裏面の土、油等をよく落として下さい。

2.一番厚い石材料を基準に仕上がりの高さや、水切勾配などを決め糸を張ります貼る石材を仮に置いて形を整えて色のバランスをとり仮に並べます。
必要に応じて石に切断等の加工をします。

3.既存下地にバサモルタル(※1)を平らに敷きます。

4.仕上がり面を均一にする為、ゴムハンマーで石の表面を叩きながらノロ(※2)で接着します。

5.数時間経過後、硬化しましたら石の隙間に目地材(タイロン等)をコテで詰めます。

6.水の含んだスポンジやタオルで石の表面を拭き掃除をしましたら完成です。

バサモルタル(※1)水:セメント:砂=0.5:1.5:8を混ぜた状態
ノロ(※2)セメント:水=2:1を混ぜた状態
注意!:白色系の大理石はノロに白セメントを使って下さい
ボンドで圧着施工の場合、石の厚みによる高さの調整は
石の下にアルミホイルを丸く潰したパッキンを入れボンドが
固まる迄養生します。
浴室や外部で使用する石は一番下に使う石
(根石)は裏面も撥水処理が必要です。
玄関土間セットを販売します。貼るだけ・・・の状態まで石を
加工します。ボンド〜目地材等は必要な分だけお届けします。

石厚15mmの乱貼り材の施工の場合

既にコンクリートが打ってあるコンクリートの土間の下地から

+45mmで仕上がり面に納まります。


施工の手順

1.石の選択 用途と気候と強度等を考慮して石を入手します石の形状は施工済みの上の写真は石の大きさを、小はコブシサイズで、中は〜手の平サイズ、大は〜B5サイズと決めて、大〜中〜小とリズミカルになるように並べて、施工しています。

大きい材料だけですと施工の難易度も上がり、材料のロスも大くなります。狭いスペースなどは石の大きさは小さめで広めのスペースでは少し大きめでも良いと思います。

2.施工の準備 石の裏面の土、油等をよく落として下さい。石の形状を整えて乱貼り材を、ジグゾーパズルの様に石を並べます。乱貼りの場合、石に裏・表はございませんが、特徴のある方を表に使いますと表情が豊かに仕上がります。

注意! 乱貼りの5〜6枚に1枚だけ異常に大きくしますと、飛び石風のアクセントで和風のように見えてしまいます。また石の隙間に極端に小さい石をいれますと和風の石積のようにやはり不自然に見えます。

バランス 大きめの石は乱貼りの目地の隙間を調整する為に、形を整えている内に一回りは小さくなります。A2サイズ以上の大きい石が在りましてもアクセントやポイントにしない限り、2分割してA3〜形を整えてA4位にして使っています。右のイラストの a の石は b,c,d,e,f,g の6個の石に囲まれているので壁面などの場合、剥がれにくい構造にしています

目地について 石と石の隙間の目地の幅は全て8mmや12mmにしますと鉄平貼りのようになり不自然です。この石の場合は狭い目地で4mm広い目地で12mmとしますと自然な感じで仕上がります。目地の形は T 形又は Y 形になるように石の形を整えます。目地の形が十 や X になりますと剥がれ易くなり見苦しくなります。※石の形を整える方法は、石の端を鉄製の台に斜めに据えて、端からハンマーで軽く叩きながら欠き落とし、石の形状を予定のイメージ通りの目地幅になるように加工します。

2.貼る石材を仮に置いて形を整えて色のバランスをとり、一番厚い石材料を基準に仕上がりの高さや、水切勾配などを糸を貼って2/100で勾配を決めます。乱貼り材を施工する面に石を並べて、離れて見てバランスが良ければ、石を平行移動して一度退かします。施工中や施工後24時間は通れませんので通路の場合は半分づつ施工します。行き止りのスペースは奥から施工します。

3.既存下地にバサモルタル(※1)を平らに約30mm厚みで敷きます。この時点で水切り勾配もほぼ考慮してバサの下地を整えます。バサモルタル(※1)水:セメント:砂=0.5:1.5:8を混ぜた状態 下地が整いましたら平行移動した乱貼り材を1枚ずつ持ってきて、ゴムハンマーで石の表面を叩きながらノロで接着します。(ノロとはセメント:水=2:1を混ぜた状態 )ノロを流して1枚ノロを流して1枚と置きます。

4.仕上がり面を均一にする為ゴムハンマーで石をコンコンと軽く叩きます。小さい石の場合隣の石と高さを合わせるためには100×400mm位の板や棒で宛木してハンマーで軽く叩きます。

5.石の隙間からノロがはみ出す場合、濡れたブラシで落として目地の部分を掘り下げた状態で乾かします。

6.6時間経過後、石がほぼ硬化しましたら石の隙間に目地材(タイロン)をコテで詰めます。タイロンまたはモルタル目地でも可能です。モルタルは砂:セメン:水=3.5:3.5:3を良く練った物

7.目地を入れて30分以内に水の含んだスポンジやタオルで石の表面を拭き掃除をしましたら完成です。石を貼った後、24時間以内に石の上を歩いた場合貼った石は沈んだり動きますのでご注意お願いします。

8. お疲れさまでした。これで100年以上〜世代を超えて楽しめます。

必要な道具:軍手1、ゴム手袋1、バケツ2(ノロ用1、水用1)、ブラシ大小各1、ゴムハンマー1、石を切る道具(グラインダー1又はコヤスケハンマー1)、スポンジ大1、金コテ(大)1、オカメコテ1、ゴムコテ1(目地入れ用)、ナイロン糸、水平器、鉛筆、ひしゃく、角スコップ(面積が大きい場合)

必要な材料:貼り代30mmで1uの場合、乱貼りの石1.3u〜砂はバサで1u辺り土納袋(34Kg入り)で1.5袋、セメント(25Kg入り)の内、バサで1/2袋、ノロで1/4袋必要です。目地はモルタル目地の場合に砂1/4袋、セメント1/5袋、水はバケツで4杯程必要になります。

江南市立宮田中学校様〜納入のジュラストーン〜生徒様作品
点圧した硬い地面にジュラストーン17mmの乱形を並べ
隙間に砂を詰め、インターロッキングの様に施工をされました。
 

 

 

デザートゴールド乱貼りのエントランス

壁面への施工 (圧着工法)

下地:コンクリート面/ブロック塀等

 

用途:1階部の外壁/屋内・塀

総厚:≒30mm

(石材厚10〜15mm)

石と石の間の目地は透明なアクリルの目地棒(※1)で等間隔な隙間をつけます

下地:ラスカットボード、ケイカル板、ALC、12oラワン合板など

用途:1階部の外壁/屋内壁・浴室壁

仕上がり厚:

総厚:≒25mm

(石材厚10〜15mm)

エポキシボンドを点付して10mm以内まで圧着し硬化まで石膏等で仮留めしながら貼る施工方法です

断 面
モルタル圧着工法
断 面
ボンド圧着工法
※下地と石の裏面の汚れ・油分をよく落として下さい
※外部で使用する石の根石は裏面も撥水処理が必要な場合があります
※2液混合型のエポキシボンドは混ぜ込みが不十分な場合、
数年後に表面に油染みが出る場合があります。
(※1)目地棒は3mm〜15mm位まであります

床壁共:クレママーフィル
  

壁面への施工 (乾式工法)

  
石材料が400o×600oより大きくなりますと厚みが20o以上
必要になり、重量が重く、ボンドだけでは剥がれ易くなります。
乾式や半湿式工法は金物で補強して壁面に固定をする方法です。
    

下地:コンクリート面/ブロック塀等

用途:2階部迄の外壁/屋内・塀

総厚:55〜65mm

(石厚15〜25mm)

縦筋横筋に引っ掛けてモルタルで石を固定します。

下地:コンクリート面

用途:3階以上の外壁

総厚:65〜75mm

(石材厚15〜25mm)

アンカーボルトと金物で石を固定します。

断 面
半湿式工法
断 面
乾式工法
※施工の前に、レーザー等で下地壁面の倒れや凹凸を確認してください
  

 

 

 

 

  
 

石の表面をいつまでも・・・
綺麗に保つには施工後に、
撥水剤の塗布をお勧めします